コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「株式会社マレーシア」政策 かぶしきがいしゃまれーしあせいさく

1件 の用語解説(「株式会社マレーシア」政策の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

「株式会社マレーシア」政策

1981年に首相に就任したマハティールマレー人社会への分配重視政策から、マレーシア社会全体の成長・開発重視へと政策転換を図った。とりわけ工業化の促進、マレー人企業家・経営者の育成に力を注いだ。就任直後の演説で工業化政策の範を日本と韓国にとったため、「ルックイースト」政策(Look East Policy)と呼ばれる。代表例が80年設立の重工業公社(HICOM)を中核とした重工業化政策で、HICOMと三菱グループとの合弁企業プロトン社は、乗用車を輸出するまでに成長した。マハティールの政策は従来の公営企業中心の開発政策ではなく、政府が民間部門を育てる官民協調に特色がある。83年に公表した「株式会社マレーシア構想」は「株式会社日本」をモデルとし、政府と民間による様々な政策協議会を設立、政策決定にもこうした協議会を関与させた。しかし、アブドラ政権になってからはマハティール時代の巨大プロジェクト優先主義が見直されている。

(片山裕 神戸大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

「株式会社マレーシア」政策の関連キーワードブレアプーチンアブドラ政権EAECグロテウォールルックイースト東ティモール独立と騒乱タクシン元首相アタマハネ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone