コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「楓橋夜泊」張継

とっさの日本語便利帳の解説

「楓橋夜泊」張継

<有名な漢詩の一節>
月落烏啼霜満天 江楓漁火対愁眠

月落ち烏啼いて霜天に満つ、江楓漁火愁眠に対す

月は沈み烏も啼き静まり、霜夜の大気が張りつめる。船旅に寝つかれずにいると、夜半に蘇州城外にある寒山寺鐘の音が聞こえてきた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報