コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「登楽遊原」李商隠

1件 の用語解説(「登楽遊原」李商隠の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

「登楽遊原」李商隠

<有名な漢詩の一節>
向晩意不適 駆車登古原

晩に向(なんな)んとして意適わず、車を駆りて古原に登る

夕暮れに向かうにつれて心が思うにまかせなくなり、馬車を駆って楽遊原の高台に登った。暮れて行く長安の街。夕陽は限りなく好いのだが、すぐたそがれと闇が迫ってくる。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

「登楽遊原」李商隠の関連キーワード不適応社会的不適応適不適なんざ不適不適応児不適切不適当不適任古原敏行

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone