「登鸛鵲楼」王之渙

とっさの日本語便利帳の解説

「登鸛鵲楼」王之渙

<有名な漢詩の一節>
白日依山尽 黄河入海流

白日山に依って尽き、黄河海に入って流る

太陽はいつしか西方に傾いて重畳する山の向こうに沈もうとし、黄河は眼下を滔々と流れてはるか東方の海へと向かう。鸛鵲楼(三層)からは、すでに東西千里を極めているが、作者は更に一層を上る。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android