「静夜思」李白

とっさの日本語便利帳の解説

「静夜思」李白

<有名な漢詩の一節>
牀前看月光 疑是地上霜

牀前月光を看る、疑うらくは是れ地上の霜かと

山中での宿り寝台の前に月光が差し込んでいる。地上の霜かと疑った。頭を挙げて山月を望み、頭を低(た)れて故郷を思う。日本でも中国でもよく吟じられる詩のひとつ。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android