コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 知恵蔵
  • > 『ソフト・エネルギー・パス』の著者エイモリ・ロビンス氏が「ブループラネット賞」を受賞とは

『ソフト・エネルギー・パス』の著者エイモリ・ロビンス氏が「ブループラネット賞」を受賞 そふとえねるぎーぱすのちょしゃえいもりろびんすしがぶるーぷらねっとしょうをじゅしょう

知恵蔵の解説

『ソフト・エネルギー・パス』の著者エイモリ・ロビンス氏が「ブループラネット賞」を受賞

1977年に『ソフト・エネルギー・パス(道筋)』を著したエイモリ・ロビンス氏が、日本の旭硝子財団の「2007年ブループラネット賞」を受賞した。ロビンスは同書の刊行後、コロラドのロッキーマウンテン研究所で実際に低エネルギー消費の建物をつくり、超軽量自動車ハイパーカーを提唱し、多くの企業家や政治家にエネルギー効率の向上と再生可能エネルギーの可能性が大きいことを説得した。この賞は92年に創設され、受賞者には、地球温暖化モデルの研究のパイオニアとして知られる眞鍋淑郎博士(第1回)、二酸化炭素観測を始めて継続的にハワイのマウナロアで行ったチャールズ・キーリング博士(第2回)などがいる。

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

『ソフト・エネルギー・パス』の著者エイモリ・ロビンス氏が「ブループラネット賞」を受賞の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門寺山修司オガデン戦争安野光雅金壽根ビオラ(Bill Viola)磁鉄鉱系列小川紳介鎌田慧クラストル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android