コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『仮装人物』 カソウジンブツ

とっさの日本語便利帳の解説

『仮装人物』

徳田秋声
庸三はその後、ふとした事から踊り揚なぞへ入ることになって、クリスマスの仮装舞踏会へも幾度か出たが、或る時のダンス・パアテイの幹事から否応なしにサンタクロオスの仮面を被せられて当惑しながら、煙草を吸おうとして面から顎を少し出して、不図マツチを摺ると、その火が髯の綿毛に移って、めらめらと燃えあがった事があった。\(一九三五~三八)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『仮装人物』の関連キーワードとっこに取る左褄を取る徳田 秋声懲りずまに山田 順子目褄を忍ぶ足立 欽一山田順子徳田秋声しぐらむちろちろ匂いやかぞっくり起請誓紙甘い秘密すくすく蓬け起つ大大しい荒びる押歩く

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android