コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『夜明け前』 ヨアケマエ

とっさの日本語便利帳の解説

『夜明け前』

島崎藤村
木曽路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道でり、あるところは数十間の深さに臨む木曽川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。\(一九二九~三五)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『夜明け前』の関連キーワード家作り・家造り度度・寄り寄り干戈を動かすクラシンスキうそうそ時鯉口を切る藤村記念館ねばならぬ暁の別れ地を掃う夜明け前大きやか島崎藤村酔いどれ原陽三山抜け暁起き夜一夜立直る心支度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android