コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『明暗』 メイアン

とっさの日本語便利帳の解説

『明暗』

夏目漱石
医者は探りを入れた後で、手術台の上から津田を下した。「矢張穴が腸まで続いているんでした。この前探った時は、途中に瘢痕の隆起があったので、つい其所が行き留りだとばかり思って、ああ云ったんですが、今日疎通を好くする為に、其奴をがりがり掻き落して見ると、まだ奥があるんです」\(一九一六)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『明暗』の関連キーワード明暗流(みょうあんりゅう)パンクロマチックフィルム明暗流(めいあんりゅう)インテンシティーキアーロスクーロカラーフィルムクロスセンサーキアロスクーロコントラストモノトーン谷北 無竹宮井 一郎富森 虚山持ちゃげる清水 静山小林 紫山精神状態風俗小説樋口対山バリュー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『明暗』の関連情報