コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『明暗』 メイアン

とっさの日本語便利帳の解説

『明暗』

夏目漱石
医者は探りを入れた後で、手術台の上から津田を下した。「矢張穴が腸まで続いているんでした。この前探った時は、途中に瘢痕の隆起があったので、つい其所が行き留りだとばかり思って、ああ云ったんですが、今日疎通を好くする為に、其奴をがりがり掻き落して見ると、まだ奥があるんです」\(一九一六)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『明暗』の関連キーワード明暗流(めいあんりゅう)パンクロマチックフィルムインテンシティー批判的リアリズム夏目漱石(年譜)クロスセンサーキアロスクーロコントラスト芝居・芝屋グリザイユモノトーンヒダーヤトヘダーヤト宮井 一郎バリュー精神状態駆落ち者福田恆存夏目漱石水野葉舟

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『明暗』の関連情報