コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『破戒』 ハカイ

とっさの日本語便利帳の解説

『破戒』

島崎藤村
蓮華寺では下宿を兼ねた。瀬川丑松が急に転宿を思い立って、借りることにした部屋というのは、その蔵裏つづきにある二階の角のところ。\(一九〇六)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『破戒』の関連キーワード破戒(島崎藤村の小説)集める・纏める・纒める内兜を見透かす島崎藤村と破戒酢の蒟蒻の嬉し悲しい喪心・喪神思い耽る生臭坊主説明かす言い解く藤村志保島崎藤村酔い心地市川雷蔵血太り破れ僧僧尼令爪繰る手短い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android