コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『福島第一原発観光地化計画』

1件 の用語解説(『福島第一原発観光地化計画』の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

『福島第一原発観光地化計画』

悲劇を未来に伝えるため、世界中の観光客に公開する形で事故跡地を保存・整備しよう、と訴える計画をまとめた本。事故の収束作業が今より進んでいるとの想定で、2036年以降の福島を構想した。原発から約20キロ離れた施設「Jヴィレッジ」を、3・11の歴史継承と観光のための拠点として再開発。訪問客はそこからバスに乗り、収束作業の続く原発跡地「サイトゼロ」を、専門家による放射線管理のもとで見学する計画だ。

(2013-12-24 朝日新聞 朝刊 朝文化1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『福島第一原発観光地化計画』の関連キーワード預言未来記未来図言伝える観光立国道の観光客数調査函館の観光客数奈良の観光着地型観光イスラム圏からの観光客

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『福島第一原発観光地化計画』の関連情報