コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『荀子』 ジュンシ

とっさの日本語便利帳の解説

『荀子』

戦国時代後期のの人、荀子(名は況。前三一三頃~二三八)の著。「性悪」(性は悪なり)を主張して、孟子の「性善」によらず、礼による抑制を説いた。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『荀子』の関連キーワード本を彊めて用を節すれば則ち天も貧にする能わず目は両視せずして明らかに耳は両聴せずして聡し人に善言を与うるは布帛よりも煖かなり是を是とし非を非とす之を知と謂う氷は水より出でて水よりも寒し白刃胸を扞せば,流矢を顧みず青は藍より出でて藍より青し水は舟を載せ又舟を覆す流言は知者に止まる源清ければ流れ清し一を以て万を知る風に順いて呼ぶ君は舟臣は水口耳四寸の学麻の中の蓬口耳四寸禹行舜趨燕石十種口耳の学是是非非

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『荀子』の関連情報