コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『草枕』 クサマクラ

とっさの日本語便利帳の解説

『草枕』

夏目漱石
山路を登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。\(一九〇六)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『草枕』の関連キーワード熊本県玉名市天水町小天金峰山県立自然公園下駄掛け・下駄掛夏目漱石(年譜)熊本県玉名市物足らない回国・廻国天水〈町〉だまを出す夏目漱石草の枕小女郎三脚几露の宿旅行く旅宿り金峰山出帰り籬下儃佪

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『草枕』の関連情報