コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『草枕』 クサマクラ

1件 の用語解説(『草枕』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『草枕』

夏目漱石
山路を登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。\(一九〇六)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『草枕』の関連キーワード森田草平荒正人岩登り然り乍ら心ながら走りながら解決する赤木桁平夏目金之助夏目伸六矢本貞幹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『草枕』の関連情報