コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『風姿花伝』 フウシカデン

とっさの日本語便利帳の解説

『風姿花伝』

能の大成者、世阿弥(ぜあみ)が書き記した能楽書。能の修業の仕方から演出に至るまで広範囲な内容を持ち、稽古条々、物真似条々、問答条々、奥義など七編からなる。通称『花伝書』。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『風姿花伝』の関連キーワード泣き猿楽・泣き申楽・泣猿楽・泣申楽花めく・華めく詰め所・詰所此れ体・是体秘すれば花格別・各別あいしらい時分の花須田一政さわさわ女懸かり是非ない形木・模風姿花伝伊勢猿楽観阿弥能作書確やか手盛り序破急

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『風姿花伝』の関連情報