コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あいなし アイナシ

1件 の用語解説(あいなしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あい‐な・し

[形ク]
感心できない。気にくわない。
「親の、今は―・きよし、いひにやらむと」〈更級
おもしろみがない。つまらない。あじけない。
「梨の花…葉の色よりはじめて、―・く見ゆるを」〈・三七〉
調和に欠けている。そぐわない。
「老人の事をば、人も笑はず、衆に交りたるも、―・く見ぐるし」〈徒然・一五一〉
どうにもならない。むだである。
「誰も誰もあやしう―・きことを思ひ騒ぎて」〈・東屋〉
(連用形を副詞的に用い)程度がはなはだしいさま。むやみに。やたらに。
「上達部、上人なども―・く目をそばめつつ」〈・桐壺〉
[補説]歴史的仮名遣いは「あい」か「あひ」か不明。語源についても「愛無し」「あひ(間・合)なし」、さらに「あやなし」「あへなし」の音変化などと、諸説がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あいなしの関連キーワードいけ好かない気に食わない心付き無し付き無し水が合わない虫が好かないあずきな・し適わない其の手は食わない戯れにくし

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone