コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あいなし アイナシ

デジタル大辞泉の解説

あい‐な・し

[形ク]
感心できない。気にくわない。
「親の、今は―・きよし、いひにやらむと」〈更級
おもしろみがない。つまらない。あじけない。
「梨の花…葉の色よりはじめて、―・く見ゆるを」〈・三七〉
調和に欠けている。そぐわない。
「老人の事をば、人も笑はず、衆に交りたるも、―・く見ぐるし」〈徒然・一五一〉
どうにもならない。むだである。
「誰も誰もあやしう―・きことを思ひ騒ぎて」〈東屋
(連用形を副詞的に用い)程度がはなはだしいさま。むやみに。やたらに。
「上達部、上人なども―・く目をそばめつつ」〈桐壺
[補説]歴史的仮名遣いは「あい」か「あひ」か不明。語源についても「愛無し」「あひ(間・合)なし」、さらに「あやなし」「あへなし」の音変化などと、諸説がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

あいなしの関連キーワードあいなし上達部あいな言出づ連用形らむ上人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android