コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あく(灰汁) あく lye

翻訳|lye

1件 の用語解説(あく(灰汁)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あく【あく(灰汁) lye】

植物を焼いた灰を水に浸したときに得られる上澄みをいう。かなり強い塩基性を示し,洗浄作用があってよく汚れを落とすので,古くから洗剤,漂白剤として,また染色などに広く用いられていた。たとえば,平安時代にはすでに灰を洗濯に使っているし,最近までも木造家屋の洗浄に〈あく洗い〉として用いられていた。また和紙の製造には,古来,たとえばコウゾの皮などの製紙原料をあくを使って煮沸して繊維を取り出している。陸の植物からとった〈あく〉には主として炭酸カリウムが含まれており,海の植物には主として炭酸ナトリウムが含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

あく(灰汁)の関連キーワード灰汁灰汁色灰汁練り柿浸し取灰真搗き豆の豆汁灰汁(あく)不けん化物灰釉陶器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone