コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あくどい アクドイ

デジタル大辞泉の解説

あくど・い

[形][文]あくど・し[ク]
程度を超えてどぎつい。やり方が行きすぎてたちが悪い。「―・い宣伝」「―・い商売」
色や味などがしつこい。「化粧が―・い」「柄(がら)がけばけばしくて―・い」
[派生]あくどさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

あくどいの関連キーワードルーカス サマラスバンダービルト網の目を潜るアレティーノ大正日日新聞えげつない紅筆おつた麹屋伝兵衛梅亭金鵞しぶといあざといあくどしがら春本毒手毒牙派生悪辣阿漕

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あくどいの関連情報