コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あたご事故

1件 の用語解説(あたご事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

あたご事故

千葉県野島崎沖約40キロの海域で、「あたご」(基準排水量7750トン)と同県勝浦市の新勝浦市漁協所属のマグロはえ縄漁船・清徳丸(7トン)が衝突。清徳丸は真っ二つに割れ、吉清治夫さんと長男哲大さんが行方不明になった。3カ月が経過した5月20日に3管が死亡を認定した。自衛艦による民間船の沈没事故は88年の潜水艦「なだしお」の衝突事故以来2度目。

(2008-06-24 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あたご事故の関連キーワードサルガッソー海野島崎響灘南房総国定公園海域島崎野島断層昭和南海地震の被害あたご衝突事故川名博夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

あたご事故の関連情報