あったぼこしゅもない(読み)アッタボコシュモナイ

デジタル大辞泉の解説

あった‐ぼこしゅもな・い

[形]《近世語》おもしろくもない。ばかばかしい。
「やれやれやれ、ありさまたち(=アンタガタ)は―・い」〈浄・丹波与作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あった‐ぼこしゅもな・い

〘形口〙 (「あった」は副詞「あた」の変化した語) おもしろくもない。ばかばかしい。→ほこしゅもない
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)上「さばき髪御前近くも無遠慮(ぶゑんりょ)に、縁先(ゑんさき)にあげ足して、やれやれあり様達はあったぼこしゅもない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android