いしかわ森林環境税による森林保全事業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

いしかわ森林環境税による森林保全事業

県内の人工林約9万9千ヘクタールのうち、早期手入れが必要な水源地域の1万ヘクタールを07年度から5年間かけて間伐する。通常の2倍にあたる全体の40%以上を一度に間引き、広葉樹との混林化を促進させる。財源は、個人は年間500円、法人は均等割額の5%を県民税に上乗せして充てる。県民の理解を得るための広報活動、NPOや自治体などが実施する森林保全事業への支援もしている。

(2008-04-28 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android