いしきかいいじょうれい

精選版 日本国語大辞典の解説

いしきかいい‐じょうれい ヰシキクヮイヰデウレイ【違式違条例】

〘名〙 明治五、六年(一八七二‐七三)各府県に公布された、日常生活に関係の深い軽犯罪の取締規定。違式は故意犯、違は過失犯を表わす。明治一五年(一八八二)の刑法制定とともに、違警罪規定に移された。違式律。違式例。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android