いしだみつにゃん

デジタル大辞泉プラスの解説

いしだみつにゃん

滋賀県彦根市で主に活動する地域キャラクター。2007年登場。LLP ひこね街の駅所属。黒い兜を被った白い猫の姿。同市河原町の「花しょうぶ通り商店街」のPR用に制作。名前は戦国時代の武将、石田三成から。ペアとなるキャラクターは「しまさこにゃん」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android