コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いずみ たく

2件 の用語解説(いずみ たくの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

いずみ たく

1930-1992 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和5年1月20日生まれ。三木鶏郎(とりろう)の冗談工房にはいり,野坂昭如(あきゆき)とCMソングをつくる。のち「見上げてごらん夜の星を」「夜明けのうた」「世界は二人のために」「手のひらを太陽に」などのヒット曲を生んだ。平成元年参議院議員。平成4年5月11日死去。62歳。東京出身。舞台芸術学院卒。本名は今泉隆雄(たかお)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

20世紀日本人名事典の解説

いずみ たく
イズミ タク

昭和・平成期の作曲家,演出家,プロデューサー 参院議員(参院クラブ)。



生年
昭和5(1930)年1月20日

没年
平成4(1992)年5月11日

出生地
東京

本名
今泉 隆雄(イマイズミ タカオ)

学歴〔年〕
舞台芸術学院本科〔昭和24年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本レコード大賞作曲賞(第5回 10回)〔昭和38年 44年〕「見上げてごらん夜の星を」「恋の季節」,日本レコード大賞企画賞(第8回)〔昭和41年〕,日本レコード大賞〔昭和44年〕,日本レコードセールス大賞(第2回・作曲賞)〔昭和44年〕,芸術祭賞優秀賞(第33回・大衆芸能部門2部)〔昭和57年〕「洪水の前」(企画・制作),芸術祭賞〔昭和60年〕「歌麿」,紀伊国屋演劇賞特別賞(第20回)〔昭和60年〕,日本レコード大賞日本作曲家協会特別功労賞(第34回)〔平成4年〕

経歴
運転手の傍ら作曲活動に励み、三木トリロー門下生となる。CMソングの作曲で売り出し、「見上げてごらん夜の星を」(ミュージカル)、「夜明けの歌」「世界は二人のために」「恋の季節」「ゲゲゲの鬼太郎」「手のひらを太陽に」など多くのヒット曲を次々に発表し人気作曲家に。また、昭和52年ミュージカル劇団「フォーリーズ」を結成、日本のミュージカル作りに情熱を燃やした。61年参院選比例代表に立候補、平成元年繰上当選。著書に「新ドレミファ交遊録」。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

いずみ たくの関連キーワードドイツ統一喜劇映画フランス映画ワールドカップ自衛隊ユーゴ紛争尾崎 豊里見勝蔵スペリー熱雲

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

いずみ たくの関連情報