コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いたせんぱら いたせんぱら

大辞林 第三版の解説

いたせんぱら

コイ目の淡水魚で、タナゴの一種。体は側扁し、体高が高い。成魚は藻類を摂食。かつて琵琶湖・淀川、木曽川・長良川、富山平野の一部に分布していたが激減し、大部分の生息地では死滅。天然記念物。ビワタナゴ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

いたせんぱらの関連キーワード天然記念物富山平野大部分琵琶湖長良川淡水魚木曽川淀川摂食成魚藻類体高死滅

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いたせんぱらの関連情報