コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いっかくじゅう座(一角獣座) いっかくじゅうざMonoceros

1件 の用語解説(いっかくじゅう座(一角獣座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いっかくじゅうざ【いっかくじゅう座(一角獣座) Monoceros】

略号Mon.。赤道上に広がる星座で,オリオン座の東,おおいぬ座の北にある。面積は広いが輝星は少ない。天の川に面しているので星雲,星団が多い。この星座は16世紀ごろに新設されたもので,命名者はJ.ヘベリウス,あるいはバルチウスJ.Bartschiusといわれている。一角獣は架空の動物で体軀(たいく)は馬に似て額に細長い1本の角をもっている。α星はこの星座の南東の端にあり,実視等級4.1等,スペクトル型K0で暗い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

いっかくじゅう座(一角獣座)の関連キーワードモンクメール語族風車小屋便りフォイア岩浜口順子福山知沙ノボせもんアガサ・クリスティーの奥さまは名探偵判事への手紙ぼくの伯父さんメグレ式捜査法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone