コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いぬい とみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

いぬい とみこ

1924-2002 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正13年3月3日生まれ。昭和25年から19年間「岩波少年文庫」を編集。そのかたわら創作をつづけ,32年「ながいながいペンギンの話」で毎日出版文化賞。35年「木かげの家の小人たち」でファンタジーの領域を開拓した。40年「うみねこの空」で野間児童文芸賞。ムーシカ文庫主宰。平成14年1月16日死去。77歳。東京出身。平安女学院卒。本名は乾富子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

20世紀日本人名事典の解説

いぬい とみこ
イヌイ トミコ

昭和・平成期の児童文学作家 ムーシカ文庫主宰。



生年
大正13(1924)年3月3日

没年
平成14(2002)年1月16日

出生地
東京

本名
乾 富子

学歴〔年〕
日本女子大学国文科中退,平安女学院専攻部保育科〔昭和19年〕卒

主な受賞名〔年〕
児童文学者協会新人賞(第4回)〔昭和29年〕「つぐみ」,毎日出版文化賞(第11回)〔昭和32年〕「ながいながいペンギンの話」,国際アンデルセン賞(国内賞 第1回・第2回)〔昭和36年・昭和38年〕「木かげの家の小人たち」「北極のムーシカミーシカ」,野間児童文芸賞(第3回)〔昭和40年〕「うみねこの空」,サンケイ児童出版文化賞(第29回・第30回・第34回)〔昭和57年・昭和58年・昭和62年〕「雪の夜の幻想」「山んば見習いのむすめ」「白鳥のふたごものがたり」,赤い鳥文学賞(第13回)〔昭和58年〕「山んば見習いのむすめ」,路傍の石文学賞(第9回)〔昭和62年〕

経歴
戦時中は東京・大森で、のち山口県柳井町(現・柳井市)で保育園に勤める。昭和21、2年ごろから創作を始め、「子どもの村」「童話」などに投稿。25年日本児童文学者協会新人会に入り、同時に神戸淳吉らと同人誌「豆の木」を創刊。同年岩波書店入社、「岩波少年文庫」など児童図書編集者として勤めながら創作を続ける。32年「ながいながいペンギンの話」を発表し、ロングセラーとなり、第11回毎日出版文化賞受賞。40年“ムーシカ文庫”を開く。45年退社し、創作に専念。他の主な作品に「ふたごのこぐま」「木かげの家の小人たち」「北極のムーシカミーシカ」「うみねこの空」「光の消えた日」「雪の夜の幻想」「山んば見習いのむすめ」「白鳥のふたごものがたり」(3部作)など。平成13年作品「光の消えた日」の舞台となった戦時保育園・ほまれ園のある柳井市尾ノ上に記念碑が建てられた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

いぬい とみこ

生年月日:1924年3月3日
昭和時代;平成時代の児童文学作家
2002年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

いぬい とみこの関連キーワードトビウオのぼうやはびょうきですちいさなちいさな駅長さんの話いぬいとみこ松谷みよ子佐藤さとるいやいや園動物文学神沢利子梶山俊夫生年月日ツグミ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android