いぼ斑点病(シロクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

いぼ斑点病(シロクローバ)

クローバの代表的な斑点性の糸状菌病。春および秋に冷涼多湿条件で多発するため、特に北海道など冷涼地での被害が大きい。病斑は初め褐色〜黒褐色の小点が 多数形成され徐々に広がるが、直径1-3mmにとどまることが多い。特に葉の裏の病斑の中央部にはいぼ状の突起が現れるが、これが雨によってふやけ胞子を 飛散する。激発時は多数の葉が罹病し、枯死する。病原菌はアルファルファのいぼ斑点病菌とは別種である。他にアカクローバおよびアルサイククローバに発生 する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android