コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いるか座(海豚座) いるかざ Delphinus

翻訳|Delphinus

1件 の用語解説(いるか座(海豚座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いるかざ【いるか座(海豚座) Delphinus】

略号Del天の川に面した小星座。イルカギリシア神話では海神ポセイドンの使いで,逃げ去った海神の愛妻アンフィトリテをさがし出した功績で星座になったという。α星は実視等級3.9等,スペクトル型はB8,β星は3.7等,スペクトル型はF3である。αβγδの形から〈ひし星〉の和名もある。概略位置は赤経20h35m,赤緯+12゜。午後8時の南中は9月下旬である。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

いるか座(海豚座)の関連キーワード海豚座旗魚座髪座孔雀座楯座蠅座帆座南十字座炉座天の岩船

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone