コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いわさき ちひろ

2件 の用語解説(いわさき ちひろの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

いわさき ちひろ

1918-1974 昭和時代後期の児童画家,絵本作家。
大正7年12月15日生まれ。松本善明の妻。岡田三郎助,中谷泰にまなぶ。にじみのある淡彩画は「ちひろ調」とよばれ,愛好者もおおい。没後,いわさきちひろ絵本美術館がつくられた。昭和49年8月8日死去。55歳。福井県出身。東京府立第六高女卒。本名は松本知弘。代表作に「ことりのくるひ」「戦火のなかの子どもたち」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

いわさき ちひろ
イワサキ チヒロ

昭和期の童画家,絵本作家



生年
大正7(1918)年12月15日

没年
昭和49(1974)年8月8日

出生地
福井県武生市

出身地
東京都

本名
松本 知弘(マツモト チヒロ)

旧姓(旧名)
岩崎

別名
別名=岩崎 ちひろ,岩崎 千尋(イワサキ チヒロ)

学歴〔年〕
東京府立第六高女卒

主な受賞名〔年〕
小学館絵画賞(第5回 昭31年度)「夕日」,サンケイ児童出版文化賞(第8回)〔昭和36年〕「あいうえおのほん」(浜田広介作),ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞〔昭和48年〕「ことりのくるひ」

経歴
大正8年東京に移り、高女時代から岡田三郎助に油絵を学び、のち中谷泰に師事。昭和21年人民新聞編集部に入り、同年日本共産党入党。22年「わるいキツネその名はライネッケ」出版。25年松本善明(共産党中央委員、衆院議員)と結婚。32年絵本「ひとりでできるよ」を出版、淡いムードの童画が人気を得た。挿絵を描きながら童画集「戦火のなかの子どもたち」「こどものしあわせ画集」、自伝的絵本「わたしのえほん」などを出し、43年「あめのひのおるすばん」で型破りな“絵で展開する絵本”時代の先鞭をつけた。48年「ことりのくるひ」でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。作品の大部分は「ちひろ美術館」(東京都練馬区)に収蔵され公開されている。平成8年作品をCG(コンピュータグラフィックス)化し、原画とともに展示する企画展が開催された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いわさき ちひろの関連キーワードいわさきちひろ児童画童画安藤美紀夫稲垣昌子上笙一郎菅忠道黒崎義介森はな横谷輝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

いわさき ちひろの関連情報