コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いわさき ちひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

いわさき ちひろ

1918-1974 昭和時代後期の児童画家,絵本作家。
大正7年12月15日生まれ。松本善明の妻。岡田三郎助,中谷泰にまなぶ。にじみのある淡彩画は「ちひろ調」とよばれ,愛好者もおおい。没後,いわさきちひろ絵本美術館がつくられた。昭和49年8月8日死去。55歳。福井県出身。東京府立第六高女卒。本名は松本知弘。代表作に「ことりのくるひ」「戦火のなかの子どもたち」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

20世紀日本人名事典の解説

いわさき ちひろ
イワサキ チヒロ

昭和期の童画家,絵本作家



生年
大正7(1918)年12月15日

没年
昭和49(1974)年8月8日

出生地
福井県武生市

出身地
東京都

本名
松本 知弘(マツモト チヒロ)

旧姓(旧名)
岩崎

別名
別名=岩崎 ちひろ,岩崎 千尋(イワサキ チヒロ)

学歴〔年〕
東京府立第六高女卒

主な受賞名〔年〕
小学館絵画賞(第5回 昭31年度)「夕日」,サンケイ児童出版文化賞(第8回)〔昭和36年〕「あいうえおのほん」(浜田広介作),ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞〔昭和48年〕「ことりのくるひ」

経歴
大正8年東京に移り、高女時代から岡田三郎助に油絵を学び、のち中谷泰に師事。昭和21年人民新聞編集部に入り、同年日本共産党入党。22年「わるいキツネその名はライネッケ」出版。25年松本善明(共産党中央委員、衆院議員)と結婚。32年絵本「ひとりでできるよ」を出版、淡いムードの童画が人気を得た。挿絵を描きながら童画集「戦火のなかの子どもたち」「こどものしあわせ画集」、自伝的絵本「わたしのえほん」などを出し、43年「あめのひのおるすばん」で型破りな“絵で展開する絵本”時代の先鞭をつけた。48年「ことりのくるひ」でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。作品の大部分は「ちひろ美術館」(東京都練馬区)に収蔵され公開されている。平成8年作品をCG(コンピュータグラフィックス)化し、原画とともに展示する企画展が開催された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

いわさき ちひろ

生年月日:1918年12月15日
昭和時代の童画家;絵本作家
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

いわさき ちひろの関連キーワードおふろでちゃぷちゃぷもしもし おでんわ安曇野ちひろ美術館ちひろ美術館・東京福井県越前市天王町あかちゃんのうたおにたのぼうし絵のない絵本赤羽 末吉吉田ルイ子ひさの星生年月日

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いわさき ちひろの関連情報