うかりひょん(読み)ウカリヒョン

デジタル大辞泉の解説

うかり‐ひょん

[副]気づかずぼんやりしているさま。うかうかと。うっかりひょん。
「いかひ愚痴(たはけ)のなれの果て―とぞ見えにける」〈松の葉・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うかり‐ひょん

〘副〙 (「と」を伴う場合もある) 何かに気を取られてぼんやりしているさま。うかうかと。うっかりひょん
※俳諧・続山の井(1667)夏上「夕㒵にみとるるや身もうかりひょん〈芭蕉〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android