コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うさぎ座(兎座) うさぎざ Lepus

1件 の用語解説(うさぎ座(兎座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うさぎざ【うさぎ座(兎座) Lepus】

略号Lep。南天の小星座。オリオンの南にあり,巨人オリオンの狩猟の獲物と考えられた。α星アルネブは実視等級2.6等,スペクトル型F0,約400光年の距離にある。アルネブはアラビア語のアル・アルナブal‐Arnab(ウサギの意)に由来する。うさぎ座R星は,周期約432日の長周期変光星球状星団M79がある。概略位置は赤経5h25m,赤緯-20゜。午後8時の南中は2月上旬である。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

うさぎ座(兎座)の関連キーワード顕微鏡座祭壇座定規座楯座彫刻具座蠅座鳩座兎座

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone