コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うさぎ座(兎座) うさぎざLepus

世界大百科事典 第2版の解説

うさぎざ【うさぎ座(兎座) Lepus】

略号Lep。南天の小星座。オリオンの南にあり,巨人オリオンの狩猟の獲物と考えられた。α星アルネブは実視等級2.6等,スペクトル型F0,約400光年の距離にある。アルネブはアラビア語のアル・アルナブal‐Arnab(ウサギの意)に由来する。うさぎ座R星は,周期約432日の長周期変光星,球状星団M79がある。概略位置は赤経5h25m,赤緯-20゜。午後8時の南中は2月上旬である。【石田 五郎

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

うさぎ座(兎座)の関連キーワード線形衝突型加速器LHC電子陽電子衝突型加速器ヨーロッパ原子核研究機関