コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うっそり ウッソリ

2件 の用語解説(うっそりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うっそり

[副]心を奪われてぼうっとしているさま。
「凩(こがらし)の吹く世の中を忘れたように、―として歩いて行く」〈芥川・枯野抄〉
[名・形動]《近世語》ぼんやりしていること。うっかりしていること。また、そのさまや、そういう人。
「さうとは知らず―な女中方」〈伎・加賀見山再岩藤

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うっそり

( 副 ) スル
ぼんやりしているさま。 「色光沢つやの悪い薄汚い、-とした婿殿の顔を見ると/其面影 四迷
あまり身動きをせずのっそりと立つさま。 「 -とたたずむ人影」
( 名 ・形動 )
〔近世語〕 うっかりしていること。うっかりしている人。また、そのさま。ぼんやり。 「銀をにぎつて帰られしを此の-が夢にも知らず/浄瑠璃・曽根崎心中」 「さうとは知らず-な女中方/歌舞伎・加賀見山再岩藤」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone