コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うどんこ(饂飩粉)病 うどんこびょう

百科事典マイペディアの解説

うどんこ(饂飩粉)病【うどんこびょう】

植物の葉や幼い枝の表面に,うどん粉をまき散らしたように見える病気。白渋病とも。子嚢菌類ウドンコカビ科の病原菌により発生。うどん粉のように見えるのは分生胞子で,その飛散によって病気が広がる。ムギ類,ウリ類,アズキ,ソバ,タバコ,モモ,ブドウ,バラ,マサキなど多くの植物を害する。防除は硫黄剤による。
→関連項目石灰硫黄合剤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android