コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うみへび座(海蛇座) うみへびざHydra

翻訳|Hydra

世界大百科事典 第2版の解説

うみへびざ【うみへび座(海蛇座) Hydra】

略号Hya。南天に横長に連なる星座。頭から尾の先まで全長100度をこえ,長さでは88星座のうちでいちばん長い。ギリシア神話ではレルネーの沼にすむ怪物の水蛇(ヒュドラ)で,9個の頭をもち,口からは毒気を吐いたという。のちに英雄ヘラクレスにより退治される。α星アルファルドは真紅の星で,アラビア語で〈孤独なもの〉という意味。実視等級は2.0等,スペクトル型K3,距離130光年にある。ラテン名では,コル・ヒュドラエ(水蛇の心臓)とも呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のうみへび座(海蛇座)の言及

【ヘラクレス】より

…このライオンは怪物テュフォンの子で,矢でも棍棒でも倒せなかったので,腕で締めて窒息させ,皮をはいだ。(2)アルゴスの南のレルネの沼にすむヒュドラHydra(水蛇)退治。これもテュフォンの子で,9頭を有し,その一つを切るとまたすぐ新しい頭が生え出る恐るべき蛇であったが,切り口を火で焼いて新しい頭が生えるのを防ぎつつ退治した。…

※「うみへび座(海蛇座)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

うみへび座(海蛇座)の関連キーワードサンスカーラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android