コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うらしま ウラシマ

デジタル大辞泉の解説

うらしま

日本の海洋研究開発機構が所有する自律型の深海巡航探査機。平成10年(1998)より開発開始。母船とケーブルで接続されず、搭載した蓄電池または燃料電池を動力源とする。慣性航法および音響による位置検出を行い、障害物を回避したり、各種データを取得したりできる。最大使用深度は3500メートル。平成17年(2005)、巡航探査機としては世界最長の317キロメートルに及ぶ全自動長距離航行に成功した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

うらしまの関連キーワード自律自航型海中ロボット望月太左衛門蠣ノ浦島浦島太郎田村虎蔵AUV常世国丹後国島浦島神奈川海神カメ若松長唄松島

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うらしまの関連情報