えっさっさ節(読み)エッサッサブシ

デジタル大辞泉の解説

えっさっさ‐ぶし【えっさっさ節】

江戸末期、大坂で流行した俗謡。なお天保年間(1830~1844)にも同名の俗謡が流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えっさっさぶし【えっさっさ節】

安政(1854~1860)の頃、大坂で流行した俗謡の一。「えっさっさ」の囃子詞がはいる。同名の俗謡は天保(1830~1844)の頃にもあり、同じ囃子詞をはさんだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えっさっさ‐ぶし【えっさっさ節】

〘名〙 天保元年(一八三〇)秋から諸国に流行した俗謡の一種。歌詞の切れ目に入れるはやしことばからこの名がある。その後、安政五年(一八五八)頃大坂に流行したものも、長い歌詞に同じはやしことばをつけて「えっさっさ節」と称した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android