おうみ犯罪被害者支援センター

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

おうみ犯罪被害者支援センター

県内の臨床心理士弁護士、大学教授らが2000年、守山市設立。翌年NPO法人化した。当初相談員5人ほどで相談は週2日対応。08年に大津市に移転し、相談日を週5日に増やした。09年に県と県警から電話相談業務を委託された。相談件数は昨年度1136件。同一人物の複数回の相談が8割を超え、ほとんどが継続して支援を求めているという。

(2015-12-05 朝日新聞 朝刊 滋賀全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おうみ犯罪被害者支援センターの関連情報