コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおえ ひで

2件 の用語解説(おおえ ひでの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おおえ ひで

1912-1996 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正元年12月10日生まれ。小説家大江賢次と結婚,40歳ごろから創作をはじめる。昭和36年長崎の原爆孤児をあつかった「南の風の物語」で注目され,「八月がくるたびに」で46年小学館文学賞。平成8年12月14日死去。84歳。長崎県出身。本名は大江ヒデ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

おおえ ひで
オオエ ヒデ

昭和・平成期の児童文学作家



生年
大正1(1912)年12月10日

没年
平成8(1996)年

出生地
長崎県西彼杵郡高浜村

本名
大江 ヒデ(オオエ ヒデ)

学歴〔年〕
高小卒

主な受賞名〔年〕
未明文学奨励賞(第5回)〔昭和36年〕「南の風の物語」,小学館文学賞(第20回)〔昭和46年〕「八月がくるたびに」

経歴
19歳の時上京。独学で専検に合格し保育園の保母となる。小説家・大江賢次と結婚後、児童文学の創作を始め、昭和36年処女作「南の風の物語」で第5回未明文学奨励賞を受賞した。他の作品に、戦争児童文学の代表作ともいうべき「八月がくるたびに」、「ベレ帽おじいさん」「りよおばあさん」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おおえ ひでの関連キーワード大藪春彦池田純義稲垣史生鴨武彦木下光三関晃辻隆山下和夫山田貢吉田鎮雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone