コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおえ ひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おおえ ひで

1912-1996 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正元年12月10日生まれ。小説家大江賢次と結婚,40歳ごろから創作をはじめる。昭和36年長崎の原爆孤児をあつかった「南の風の物語」で注目され,「八月がくるたびに」で46年小学館文学賞。平成8年12月14日死去。84歳。長崎県出身。本名は大江ヒデ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

20世紀日本人名事典の解説

おおえ ひで
オオエ ヒデ

昭和・平成期の児童文学作家



生年
大正1(1912)年12月10日

没年
平成8(1996)年

出生地
長崎県西彼杵郡高浜村

本名
大江 ヒデ(オオエ ヒデ)

学歴〔年〕
高小卒

主な受賞名〔年〕
未明文学奨励賞(第5回)〔昭和36年〕「南の風の物語」,小学館文学賞(第20回)〔昭和46年〕「八月がくるたびに」

経歴
19歳の時上京。独学で専検に合格し保育園の保母となる。小説家・大江賢次と結婚後、児童文学の創作を始め、昭和36年処女作「南の風の物語」で第5回未明文学奨励賞を受賞した。他の作品に、戦争児童文学の代表作ともいうべき「八月がくるたびに」、「ベレ帽おじいさん」「りよおばあさん」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

おおえ ひでの関連キーワード京都府福知山市長谷川英信流福知山(市)古今和歌集京都(府)百人一首老ノ坂峠江藤淳老ノ坂東大寺毛利氏楊心流京都府源義経兵学

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android