コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおえ ひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おおえ ひで

1912-1996 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正元年12月10日生まれ。小説家大江賢次と結婚,40歳ごろから創作をはじめる。昭和36年長崎の原爆孤児をあつかった「南の風の物語」で注目され,「八月がくるたびに」で46年小学館文学賞。平成8年12月14日死去。84歳。長崎県出身。本名は大江ヒデ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

20世紀日本人名事典の解説

おおえ ひで
オオエ ヒデ

昭和・平成期の児童文学作家



生年
大正1(1912)年12月10日

没年
平成8(1996)年

出生地
長崎県西彼杵郡高浜村

本名
大江 ヒデ(オオエ ヒデ)

学歴〔年〕
高小卒

主な受賞名〔年〕
未明文学奨励賞(第5回)〔昭和36年〕「南の風の物語」,小学館文学賞(第20回)〔昭和46年〕「八月がくるたびに」

経歴
19歳の時上京。独学で専検に合格し保育園の保母となる。小説家・大江賢次と結婚後、児童文学の創作を始め、昭和36年処女作「南の風の物語」で第5回未明文学奨励賞を受賞した。他の作品に、戦争児童文学の代表作ともいうべき「八月がくるたびに」、「ベレ帽おじいさん」「りよおばあさん」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

おおえ ひでの関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門岩井俊二長田弘黒沢清小松左京辻邦生セビアン グローバー[各個指定]芸能部門運転注意力モニタ MDAS