コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおかみ座(狼座) おおかみざ Lupus

翻訳|Lupus

1件 の用語解説(おおかみ座(狼座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおかみざ【おおかみ座(狼座) Lupus】

略号Lus。南天の小星座。広いケンタウルス座の東寄りの部分が,ギリシア時代末期プトレマイオスの手で独立した星座になった。α星は2.9等,スペクトル型はB2,距離820光年,β星は2.8等,スペクトル型はB3,距離270光年,γ星は3.6等と3.7等の二重星だが0.″1しか離れていない。二重星,星団が多いがどれも暗い。概略位置は赤経15h0m,赤緯-40゜,午後8時の南中は7月上旬。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

おおかみ座(狼座)の関連キーワードケンタウルス座旗魚座顕微鏡座楯座鶴座蠅座鳩座帆座炉座南の三角座

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone