コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおかみ座(狼座) おおかみざLupus

翻訳|Lupus

世界大百科事典 第2版の解説

おおかみざ【おおかみ座(狼座) Lupus】

略号Lus。南天の小星座。広いケンタウルス座の東寄りの部分が,ギリシア時代末期プトレマイオスの手で独立した星座になった。α星は2.9等,スペクトル型はB2,距離820光年,β星は2.8等,スペクトル型はB3,距離270光年,γ星は3.6等と3.7等の二重星だが0.″1しか離れていない。二重星,星団が多いがどれも暗い。概略位置は赤経15h0m,赤緯-40゜,午後8時の南中は7月上旬。【石田 五郎

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android