コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おきうと(おきゅうと)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

おきうと(おきゅうと)

日本海沿岸で取れる海藻「エゴノリ」を煮溶かし、固めたもの。エゴノリは「オキュウトグサ」「エゴグサ」などとも呼ばれ、夏季が最盛期。現在は石川県や新潟県で多く取れる。人々の飢えを救ったから「お救人」、漁師に作り方を教わったから「沖人」、などが語源とされる。博多では手のひら大の小判型に固め、筒状に巻いて売られるのが一般的。

(2007-05-29 朝日新聞 朝刊 福岡 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

おきうと(おきゅうと)の関連キーワードおきゅうと恵胡海苔浮太

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android