コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おきうと(おきゅうと)

1件 の用語解説(おきうと(おきゅうと)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

おきうと(おきゅうと)

日本海沿岸で取れる海藻「エゴノリ」を煮溶かし、固めたもの。エゴノリは「オキュウトグサ」「エゴグサ」などとも呼ばれ、夏季が最盛期。現在は石川県や新潟県で多く取れる。人々の飢えを救ったから「お救人」、漁師に作り方を教わったから「沖人」、などが語源とされる。博多では手のひら大の小判型に固め、筒状に巻いて売られるのが一般的。

(2007-05-29 朝日新聞 朝刊 福岡 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おきうと(おきゅうと)の関連キーワードアマエビ裏日本えごえごのき恵胡海苔おきゅうと玉風アミクサイワノリフノリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone