コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おしべ(雄蕊)(読み)おしべ(英語表記)stamen

翻訳|stamen

世界大百科事典 第2版の解説

おしべ【おしべ(雄蕊) stamen】

〈ゆうずい〉ともいう。種子植物の花を構成する要素のうちの雄性器官で,花粉を入れる葯anther(小胞子囊)とそれを支える花糸filament(小胞子葉)からなる。異型胞子性シダ植物群の小胞子葉と形態的に相同である。おしべはその棒状の形からライニア,マツバランなどのように軸の先端に胞子囊がついたものであり,軸的器官に由来するとみる考え方がある。たしかに裸子植物の一つであるグネツム綱の雄花はその構成から軸上に胞子囊がついているとみなしうる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のおしべ(雄蕊)の言及

【花】より

…例えばソテツ,イチョウ,マツなどの裸子植物の生殖器官を含めたり,さらには胞子生殖をするツクシの穂をも花とする見解もある。
[花の概念]
 被子植物の花は見かけ上はさまざまな形があるものの,基本的には同じで,小胞子葉と大胞子葉にそれぞれ相同なおしべとめしべ,さらに萼と花冠があり,それらが付着する花托からなっている。裸子植物の生殖器官には,萼や花冠はないが,軸の先に小胞子葉や大胞子葉が集まったものであり,シダ植物の胞子囊穂(ほうしのうすい)も胞子葉や胞子囊托が集まったものである。…

※「おしべ(雄蕊)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android