コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おじ・おば おじ・おば

2件 の用語解説(おじ・おばの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おじ・おば
おじ・おば

父母の兄弟姉妹をいい,一般に父母の兄姉をいう場合には「伯父」「伯母」,弟妹をいう場合には「叔父」「叔母」と書く。オジ・オバは甥姪に対してさまざまな重要な役割を果すが,なかでも出産・育児・成人・婚姻などの通過儀礼の諸段階において,前段階から次の段階への移行にあたっての保護者的役割が最も重要。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おじ・おば
おじおば

一般には父母の兄弟姉妹の称呼であるが、それとは別に、未婚のまま生家に同居して一生を終える境涯の男女を「オジ・オバ」とよぶこともあり、オンツァマ、オジボー、イカズゴケ、イエオジなどその方言も多様である。村内に分家独立する余地も乏しく、他郷移出の可能性もなかった旧時の山村には、こうした生涯を送る男女も多く、終生生まれた家にとどまって「跡とり」の兄弟といっしょに家業に携わった。多少のホマチ(私財)はもつことができても、経済的に自立できぬまま、村内で多少は性的交渉をもつことはあっても同居して世帯を構えることはできなかった。そして「福の神」という別称さえあって、オジ・オバのいる家は働き手が多く豊かになるともいわれた。飛騨(ひだ)白川谷の大家族もこの慣習に根ざすところで、ただここではオジとオバの通婚が公認されていた。しかし世帯の別立は不可能なまま、子女は母方の家族に組み込まれ、それが世代的にも累積して数十人の大家族ともなった。現在こうした境涯の男女はほとんどなくなった。なお、親族名称のおじ(伯父・叔父)・おば(伯母・叔母)は、父母の兄・姉には「伯」、弟・妹には「叔」の字をあてる。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おじ・おばの関連キーワード義兄弟従兄弟従祖父伯父伯母従兄弟伯父従兄弟伯母小舅父母の国アイユ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おじ・おばの関連情報