おっちょこちょい節(読み)おっちょこちょいぶし

精選版 日本国語大辞典の解説

おっちょこちょい‐ぶし【おっちょこちょい節】

〘名〙 文政一一年(一八二八)頃流行し、その後俗曲に残って、幕末から明治初年に、再び流行した俗謡。「おっちょこちょいのちょい」というはやしことばがはいる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android