コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おっぺけぺ節 おっぺけぺぶし

大辞林 第三版の解説

おっぺけぺぶし【おっぺけぺ節】

明治中期、川上音二郎が浮世亭○○まるまると名乗って寄席で歌った俗謡。自由民権思想と社会風刺を歌詞におり込み、「おっぺけぺ、おっぺけぺっぽう、ぺっぽっぽう」の囃子詞はやしことばで結ぶもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報