おぽっぽ(読み)オポッポ

デジタル大辞泉の解説

おぽっぽ

[形動]うわついているさま。のんきに遊び回るさま。うぽっぽ。
「そう何時(いつ)までも―で遊ばせても置けないと思うと」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぽっぽ

( 名 ・形動 )
〔「ぽっぽ」は懐ふところの意か〕
態度がうわついている・こと(さま)。遊び回るさま。うぽっぽ。 「如此こんな親不孝な者もんでもさう何時までも-で遊ばせても置ないと/浮雲 四迷」 「 -で遊びあるいて/滑稽本・浮世風呂 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おぽっぽ

〘形動〙
① (「ぽっぽ」は懐(ふところ)の意。懐育ちの意から) 親のもとで育てられ、子供気分が抜けないでいるさま。世なれていないさま。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「だからお勢みたやうな如此(こん)な親不孝な者でも、さう何時までもお懐中(ポッポ)で遊ばせても置(おけ)ないと思ふと」
② (「うぽっぽ(二)」の変化した語) =うぽうぽ
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「それでも生立(うまれだち)の悪(わり)い野郎なら、おぽっぽで遊び歩行(あるい)て、いまだに役にも立めへが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる