コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おます オマス

デジタル大辞泉の解説

おま・す

《「おまらす」の音変化》
[動サ四]
与える、の意の謙譲語。差し上げる。
「二人の衆にも酒―・せ」〈浄・博多小女郎
(補助動詞)…してあげる、の意の謙譲語。
「御機嫌を直す囃子物を教へて―・さうかといふ事ぢゃ」〈虎寛狂・末広がり
[動サ下二]
1に同じ。
「何ぞ―・せたいものぢゃが」〈虎寛狂・入間川
(補助動詞)2に同じ。
「今生未来の晴れの月額(さかやき)、母が剃(そ)って―・せうぞ」〈浄・兜軍記

おま・す

[動サ特活]
ある」「居る」の丁寧語。あります。ございます。
「お母はんの旦那が―・す」〈宇野浩二・苦の世界〉
「このふけのとれることが―・すがな」〈滑・膝栗毛・五〉
(補助動詞)…である、の意の丁寧語。
「ややこし―・すな」〈上司・鱧の皮〉
「あなたのそのなりは、何で―・すぞいな」〈滑・膝栗毛・八〉
[補説]近世大坂新町の遊女ことばに始まるが、文政(1818~1830)ごろには一般女性語となり、のちには男性も用いた。現在は京阪地方などで用いられる。なお、打消し形「おません」は、文政以降「おまへん」の形をとるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

おますの関連キーワード鍋島直知松平直春補助動詞鍋島直尭すっかり堀直輝須坂藩解状犬伏たら