コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お俊/伝兵衛 おしゅん/でんべえ

1件 の用語解説(お俊/伝兵衛の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

お俊/伝兵衛

江戸時代の心中物戯曲の主人公。もとになった事件は元禄16(1703)年4月,京都で起きた米屋心中(河原の心中)で,宝永1(1704)年刊の『心中大鑑』は,米屋庄兵衛と八百屋の娘おしゅんとの心中とする。この事件は直後から浄瑠璃歌舞伎,浮世草子,歌祭文などに多く作品化されたため種々の異伝を生み,庄兵衛の名前ものちに伝兵衛に変わった。浄瑠璃「近頃河原達引」(1782年初演か)がこの事件を素材にした作品として有名。なかでもお俊の兄,猿回し与次郎と盲目の母親がふたりに祝言をあげさせ,落ちのびさせる「堀川猿廻し」の段は現在でもたびたび上演される。

(佐谷眞木人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お俊/伝兵衛の関連キーワード白雪姫心中物鳥辺山心中平中物語今宮の心中主人公助六揚巻(1)駒形茂兵衛田宮坊太郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone