コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お俊/伝兵衛 おしゅん/でんべえ

朝日日本歴史人物事典の解説

お俊/伝兵衛

江戸時代の心中物戯曲の主人公。もとになった事件は元禄16(1703)年4月,京都で起きた米屋心中(河原の心中)で,宝永1(1704)年刊の『心中大鑑』は,米屋庄兵衛と八百屋の娘おしゅんとの心中とする。この事件は直後から浄瑠璃や歌舞伎,浮世草子,歌祭文などに多く作品化されたため種々の異伝を生み,庄兵衛の名前ものちに伝兵衛に変わった。浄瑠璃「近頃河原達引」(1782年初演か)がこの事件を素材にした作品として有名。なかでもお俊の兄,猿回し与次郎と盲目の母親がふたりに祝言をあげさせ,落ちのびさせる「堀川猿廻し」の段は現在でもたびたび上演される。

(佐谷眞木人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android