お園/六三郎(読み)おその/ろくさぶろう

朝日日本歴史人物事典の解説

お園/六三郎

寛延2(1749)年3月18日に,大坂で身投げ心中した男女。大坂南地の新町福島屋清兵衛抱えの遊女お園は大工の六三郎となじみを重ね,ついには助右衛門橋で心中に至る。この事件は数日後人形浄瑠璃豊竹座の舞台でとりあげられ,以後ふたりの名前が長く記憶されるところとなった。外題を「八重霞浪花浜荻」というこの浄瑠璃は,実は,お園六三郎の心中とほぼ時を同じくして起こった油屋かしくの兄殺しの処刑と,神崎での大喧嘩という別個の事件を取り合わせて脚色された作品で,以後お園六三郎とかしくとは多くの書き替え作品においても何らかの関連を持つことになる。

(品川隆重)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android