コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お天気ポリス おてんきぽりす

1件 の用語解説(お天気ポリスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

お天気ポリス

京都府警が独自に配備した、期間限定で気象予報を行う警察官の通称。祇園祭の宵山期間中(7月14~16日)、「ゲリラ豪雨」(局地豪雨)による事故を未然に防ぐため、府警ヘリの操縦士で気象予報士の資格を持つ巡査部長が「お天気ポリス」として2013年7月に役を任じられた。ゲリラ豪雨は局地的現象であり、特定の場所を細かく観測していないと予測は難しいため、お天気ポリスは期間中、京都府警の航空基地に待機し、祇園祭地域に特化した各種データを分析、その結果を警備本部に連絡。ゲリラ豪雨や落雷などの可能性が生じた場合、祇園祭の各山鉾町を巡回する警察官が、見物客らを安全な場所に誘導するとしている。

(2013-7-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お天気ポリスの関連キーワード式次第気象予報士PAC3青春18きっぷ気象記念日期間工かっぱえびせんジューCホームパイミルクのひととき

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お天気ポリスの関連情報