コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お浦と治作伝説

1件 の用語解説(お浦と治作伝説の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

お浦と治作伝説

「地誌阿賀町」によると、その昔、情島に治作という若者がいた。対岸の波多見(現・呉市音戸町)の盆踊りに行った夜、地元の美しい娘お浦と出会い、恋に落ちた。よその村人との恋愛は禁じられ、掟(おきて)を破ったお浦は波多見の若者に海に突き落とされた。お浦が死ぬと、治作も後を追って海に飛び込んだ。50年ほど前、島おこしにと情島の海岸に高さ2メートル余りの石碑「比翼塚」が建てられたが、20年前の台風19号で倒壊した。

(2011-09-14 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お浦と治作伝説の関連キーワード地誌阿賀野市阿賀野其の昔疾うの昔疾っくの昔輿地誌略五頭山に因ると阿賀の里

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone